自己免疫疾患

最新薄毛治療

AGAの主な原因は男性ホルモンの働きと遺伝です。男性ホルモンの一つのテストステロンは髪の毛を作り出す毛乳頭細胞の中に入り込むと5αリダクターゼという酵素と結びついて、悪い影響を与えるDHTに変化します。これが髪の毛の正常な成長を阻害することで髪の毛が細くなり薄くなります。

そしてもう一つが遺伝です。AGAになりやすい遺伝子を持っている家系に生まれると発症する可能性もたっかうなります。ただ、両親や祖父母などが薄くても必ず薄くなるわけではありません。発症する可能性は病院で遺伝性検査をすることである程度は予測できます。また、ほかの原因としてストレスと生活習慣があります。仕事などのストレスは精神面や体への影響も大きくてホルモンバランスが崩れたり、血流が悪くなって薄毛や抜け毛の原因になるとされています。ほかにも不規則な生活での睡眠不足や偏った食生活、過度の飲酒や喫煙などの生活習慣も髪の毛の成長に悪い影響がでます。

また自己免疫疾患を発症すると免疫が毛包を異物だと判断し攻撃することで脱毛が起きることもあります。AGAや疾患による脱毛の治療には最新のものも多くあり、皮膚や毛包への治療と一緒に原因も治す必要があります。例えば疾患だと主に免疫を押させる薬で治療をしますが、医師の指導のもとで慎重に時間をかけながら行います。自然治癒することもありますが、何十年もかかることもあります。

AGAの治療法

薄毛治療

AGAはそのままにしておくと毛周期が乱れている関係から、髪の毛すべてが抜け落ちてしまう可能性があると言われています。現在、生え際部分が薄くなり始めている人、頭頂部が薄くなり始めている人などは早目に専門病院での検査を受ける事が治療の第一歩に繋がります。

AGAの治療法には特効薬を使用する方法が有効であると言われていますが、医薬品を使うと副作用のリスクがある、薬の服用を止めてしまうと再発する恐れがあるなど言われており、治療についての情報を入手する事が大切です。最新の治療法には医薬品の副作用によるリスクを低減したHARG療法に注目が集まっています。HARG療法は、認定病院のみで行われている治療法で、生命に必要不可欠と言われている成長因子、育毛効果を持つ各種ビタミン類を配合したHARGカクテルを薄くなっている部分に注入する方法です。

HARG療法による治療効果は高くなっており、発毛までの期間が短い、発毛を実感した患者さんが多いなどの特徴があります。こうした情報については、インターネットの情報サイトを活用する事で最新のものを入手出来ますし、治療におけるリスク、メリットやデメリットなども併せて把握する事が可能になります。