メソセラピー療法

毛髪再生

AGAの原因は様々なありますが、医療機関では最新の治療法を受けることができます。治療法は主に4つあって注射と育毛剤、植毛と細胞を摂取して育ててるものです。AGA治療のメソセラピー療法とは、治療目的にあわせて色々な医療薬を注射器などを使って体内に注入して成分を浸透させるものです。

主な目的は毛乳頭や毛包を細胞レベルの活性を促進させて毛幹を再成長させることで、産毛の状態の毛や細くて弱い毛を太くて強い成毛に育てるように治療をします。一度ではなく数回行う必要があるので、医療機関へ何度も通うことになりそれなりに費用もかかりますが、しっかりと専門家に相談して薄毛対策をしたいが、植毛手術だと費用が気になるときに向いています。毛根が細くてもまだ生きている状態だと毛髪再生のメソセラピーでも対策が可能です。

また、クリニックがない人や多忙で時間がないとき、お金をあまりかけたくない場合は育毛剤などを使う方法もあります。これは植毛や発毛と違って自分の今ある毛髪を育てる方法です。たくさんの商品が販売されていて、テレビでもCMなどがよく流れています。CMなどがされているものは知名度も高くて信頼もありますが、ほかの人が見たときには知られやすいです。最近はネットでも多数あって中には育毛剤だとわかりにくい商品もあります。

毛髪の再生医療

育毛

AGA治療は常に進歩をしていて様々な方法があります。同じ薄毛対策をするならやはり最新の方法を行うことに意味があります。そんなAGA治療の最新の方法の一つに毛髪の再生医療です。

女性の薄毛治療ならこちらへ

これは有名なメーカーが行っているもので、具体的には薄毛の男性の髪の毛から毛球部毛根鞘細胞を採取して、それから培養施設で培養して加工した後に病院で患者の脱毛部分に移植します。元々自分が持っている細胞を使うため拒絶反応の心配がありません。ほかにも最新のAGA治療には投薬治療があります。医療機関で行う薄毛治療で血行を促したり、抜け毛の原因となる物質を抑えるなど薬によって効果も異なります。

よく知られているのがミノキシジルです。血行を促す作用があり一番よく使われています。これは男女ともに推奨されていますが濃度は男性のほうが高く、副作用として体毛が濃くなったり血圧低下などの症状が出ることもあるので使う前には医師と相談してからになります。他に発毛効果のあるフィナステリドもあります。これは副作用に胎児の発育に悪影響を与える可能性があるので男性だけが服用できます。

ミノキシジルと併用することもあります。また、女性向けの治療薬にパントガールという新薬があり、主な成分にアミノ酸とたんぱく質など髪の成長を高めるものが配合されています。