ホルモンの影響

薄毛ホルモン

ホルモンの影響を加味した最新のAGA治療では、主に三つの治療方法を選択することができます。まずは、一般的となっている錠剤を用いた治療法で、これはAGA治療の標準的な治療法として既に確立されています。どこのクリニックに行ってもまずは錠剤を使って男性ホルモンの影響を抑えることを念頭に治療が進められていきます。

そこで使われるホルモンを抑えることができる特殊な薬は、継続的に使っていくと脱毛作用を抑えることができますので、日本国内だけではなく世界的にも利用されています。錠剤で治療することが難しい人は、外科手術によって頭皮の状況を改善していくことが求められます。この手術は、植毛手術として提供されており、一般的に自毛植毛と呼ばれている手術です。

自毛植毛は、頭皮に対して患者自身の髪の毛を移植することで発毛効果を期待する手術のことです。単純にAGAを抑えるだけではなくて、後の発毛を期待するというところがポイントで、費用は高くなりますが多くの人が個の外科手術を受けています。そして、三つめが頭皮に対して直接的に薬を塗布する方法です。この方法は、血流を良くするタイプのモノを塗布するのか、それともAGAの促進を抑えて栄養分を直接的に注入する方法で分かれています。

男性脱毛ホルモンが原因

治療

日本人男性のうち数百万人もの人が薄毛に悩んでいるといわれていて、その多くが男性脱毛ホルモンが原因とされるAGAです。この症状に悩んでいる人の多くは何らかの対策をしていますが、中には効果のない間違った方法を行っている人も少なくありません。

AGA治療を行なうためには、最新の正しい情報提供を得ることが大切でそこから自分に最も適した方法で改善していくことが大切です。実際に治療を行なって再び髪の毛が復活した人も多いです。治療では主に医薬品であるプロペシアやミノキシジルなどを使います。病院で診察を受けるのが一般的ですが方法や治療費などは病院によって異なります。最近は個人輸入で治療薬を購入して行なっている人も増えています。一般的に多いのが専門の病院で診察を受けることです。

これはAGAクリニックとも呼ばれています。ほかにも一般病院の皮膚科や形成外科でも受けることは可能です。治療薬は日本だと病院で診察を受けないと購入できない医薬品ですが、個人輸入代行サービスを利用することで海外の治療薬を通販することも可能です。よく市販品でもシャンプーやサプリメント、育毛剤や生活習慣の改善などもありますが、だたこれらの方法はあまり効果がないとされています。

原因はDHTという脱毛ホルモンがヘアサイクルを乱すためで、シャンプーなどにはDHTを抑える効果がないためです。AGAが原因の場合はやはり治療薬を中心とした治療を受けたほうが良いです。