診療費

抜毛

医療技術は年々進化を遂げていますので、AGAに関しても一昔前に比べると随分と高度な施術を受けられるようになりました。最新の治療を受けるのであれば、それを実施しているAGA治療のクリニックを選ぶだけですが、最新のものだとそれなりの診療費がかかってきますから、予算内に治まるのか予め把握しておきましょう。

最新のAGA治療として、デュタステリドの成分を用いた内服薬があります。従来のフィナステリドのパワーアップ版といったところですが、薬代を比較すると、従来のフィナステリドが7500円前後だったのに対して、デュタステリドは8500円前後します。フィナステリドの商品まだ特許が切れていませんが、すでに格安のジェネリック医薬品が登場していますので、更に薬代の差が開いている状態です。

別の最新のAGA治療に自毛植毛というものがあります。こちらはかなり診療費の幅が広く、安いところであれば50万円前後、高いと100万円を軽く超えてきます。自毛植毛では移植する毛の本数によって随分と費用が異なってくること、手術を伴う高度な治療方法であることが高度な診療費になる理由です。しかし、内服薬とは違って1回の治療で済んでしまうのがメリットです。

薄毛症状に満足のいく結果

薄毛

クリニックでAGA治療を受けるかどうかを迷っている時、費用ばかりを気にしてしまいますが、自分の薄毛の症状に合ったものを選ばないと満足のいく結果を得ることはできません。

初期の段階で治療が必要かの判断がつかない程度の場合には広く利用されていて比較的安価な内服薬や外用薬を使うのが良いのですが、AGAの症状が進んでいるのなら対応し切れない可能性もあります。進行したAGAで治療を受ける場合、確認しておきたいのが最新の治療法です。技術はどんどん進んでおり、それまでは不可能だったレベルの薄毛にも対処できるようになっています。

中には満足度の非常に高いHARG治療のような治療法もありますので、一つの選択肢として覚えておかなければなりません。HARG治療は最新の治療法の中でも注目されており、治療を受ける人の幹細胞を一度取り出して、培養や加工を行った後に注入します。元々体の中にある幹細胞を使って刺激を与えることで、自らの働きによって髪の毛を成長させることを目的としており、一度活性化されれば治療が終わっても成長が続きます。

この治療で長年のAGAの悩みを解決している人が大勢おり、自らの幹細胞ですので副作用のリスクも小さくなります。