病院選択

薄毛治療病院

AGAの治療の一つに最新の育毛剤を使う人も多いですが、この場合市販品などだと自分の責任で買うことになります。特に海外のものだと日本の品と異なり何かあった場合でも、全て自己責任になります。しかし、AGAの専門の病院施設なら最新の治療を受けつつ専門の医師がいるので、万一のことがおきても安心です。

治療としてよく知られているのが植毛です。よく、植毛は人口的に作った毛を頭皮に植えるイメージがありますが、最新の治療では自分の毛を移植することも出来ます。例えば前の部位だけ薄くなっていても、後ろは髪の毛がふさふさの場合、残っている毛の部分から自毛植毛をすることも出来ます。この方法はまだ残っている部位から毛根ごと抜いてから植える方法で、毛根はまだ生きているので移植してもまた生えてきます。

人口毛やかつらだと周囲にも知られやすいですが、自毛植毛だと元が自分の毛なので見た目にもわかりにくく、植毛に抵抗がある人でも行いやすいです。ただ、これもきちんと生える人と効果がないという人もいて、薄い部分が多いと少し時間がかかったり、1回では密度が足りないため1回から3回行うのが一般的です。病院では最近はメスを使わないところも増えていて、手術になるため麻酔をします。

人によっては麻酔で気分が悪くなったり、違う部位から毛を持ってきて植えるので生え方に不自然さが出ることもあります。また、植毛をしてから最初の洗髪までかなりかゆみが出ることもあります。医師の技術によっても手術の傷跡が残ったりするので、実績が豊富で信頼できる病院を選ぶことが重要です。